ホーム > 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却
住宅金融支援機構の任意売却を積極的におこなっております。

 住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)の任意売却は他の金融機関と手続きが違います。
専用の書式が有り、弊社でご用意いたしますのでお尋ねください。
 又、引越し費用はケースにより認めて頂けない場合がありますが、弊社で柔軟に対応致しますのでご相談ください。

※住宅金融支援機構委託先債権回収会社
・エム・ユー・フロンティア債権回収㈱  ・オリックス債権回収㈱
・㈱住宅債権管理回収機構     ・ 日立キャピタル債権回収㈱

物件売却までの手続

他の金融機関と違い専用の書式で、任意売却の申込をします。
弊社で書式を用意しますので、所有者様に著名・捺印を頂き送付します。
不動産の物件調査及びその調査等に基づく価格査定を行います。
査定書の提出後、住宅金融支援機構から売却価格の提示があります。
売り出し価格が決まると所有者様と正式に媒介契約を交わします。
レインズ登録・不動産情報誌・インターネット等広範な販売活動を行います。
買付証明書を頂きますと、弊社で配分案を作成して提出します。
機構が抵当権抹消を承諾した後、
所有者様と購入者との間で売買契約を締結していただきます。
売買代金の決済、抵当権抹消書類の引き渡し等を行います。
任意売却の手続きについて パンフレットをダウンロード
住宅金融支援機構の任意売却のことならお気軽にご相談下さい(フリーダイヤル0120-316-746)
Copyrights © 2011 任意売却のトータルプランナー MSプランニング All Rights Reserved.
住宅金融支援機構 任意売却 このページの先頭へ